DaSviA(ダスヴィア)|西アフリカからの輸入雑貨(アフリカンビーズ・未精製シアバター・アフリカ布・ボルガバスケット)販売



キンタンポの滝

 ガーナには観光スポットになっている滝がいくつかあります。そのうちの一つが『キンタンポの滝』です。キンタンポと呼ばれる街の近くにあるので、『キンタンポの滝』と呼ばれています。

R_Kintampo_map.jpg

キンタンポはガーナ10州の中のブロンアフハフォ州に位置します。
降雨と肥沃な土壌に恵まれているこの州では、ガーナの食卓では欠かせないヤム・キャッサバ・プランテーンなどの農業が盛んです。
キンタンポの街中では1年を通して野菜や果物の売り買いが見られ、活気に満ちています。
その街中から少し離れたところに、『キンタンポの滝』があります。

Kintampo Water Fall.JPG

天気の良い週末や祝日はたくさんの人で賑わいます。灼熱の太陽はあっても、水温は比較的低く、唇を紫色にしながら若者たちは水浴びを楽しみます。

ガーナのジャングル地帯にあるキンタンポの滝。
北部州へ車移動の機会があればぜひ立ち寄ってみて下さい☆


視察隊をお迎えしました!

 バスケット作りの現場に、初めて日本からの訪問者をお迎えしました!

彼らの目的はバスケット作りの現場見学ではなかったのですが、『ガーナの現状を改善する』という目的をシェアし、その理念に向かって行動を起こすという点でダスヴィアの理念と通じるものがあります。

 バスケット作りではなく、その現場(無電化コミュニティー)調査が目的でしたが、目の前で織られていくバスケットを見ると、その職人技にすぐに惹かれていきました。

Visitor1.JPG

滅多にない大集合で出迎えしてもらい、バスケット作りのそれぞれの工程がわかるようなパフォーマンスまで見てもらうことができました!!

Visitor2.JPG


↓ダスヴィア向けバスケットを作る女性グループも訪問しました!
Visitor3.JPG

私自身と同様、バオバブの木の下で黙々と作業を続ける女性たちの姿を目の当たりにして、言葉にはできないものを感じて頂けたようです!!これこそ、ダスヴィアの目指す『発見と共有』です!!!

また、日本からの見学者来訪に地元バスケット制作メンバーは大興奮!
張り切って自分たちの仕事をアピール?!?!

Visitor4.JPG

訪問者の想いを女性たちにも感じ取ってもらえたのか、即興で祝いのダンスが繰り広げられました!
黙々とバスケットを織る姿からだけでは想像することができない、力強く、大きなエネルギーを放つダンスが、アカペラと手拍子のみで披露されました。


 ガーナ渡航も数回目となる方々ですが、バスケット作りを目にするのは初めてでした。そんな新しい発見(バスケット)に対して、デザインと質の両方を認めて頂くことができ、ダスヴィアの目指す方向性に共感して頂くこともできました!彼らのような共感者が増える事=(イコール)現場の現状改善となります。次回、彼女たちのダンスを見るときは、ダスヴィアの活動が還元される時であるはずです!!

16th Ghana International Trade Fair

 明日(3月6日)はガーナの独立記念日です。1957年に、1番最初に独立を成し遂げたブラック・アフリカン・カントリーで、各都市ではガーナ軍隊を中心に式典が執り行われます。首都のアクラにあるインデペンデンス・スクウェアでは大統領演説を含め、一連の式典が全国で生中継されます。その独立記念日を挟んで、毎年2月下旬から3月10日頃まで、アクラでは『Ghana International Trade Fair』が催されます。

↓今年で第16回となりました!
Trade Fair1.JPG


ガーナ国内の製造業を始め、トーゴ、コートジボアール、ナイジェリアなどの隣国の企業もブースを構え、各商品やサービスをアピールします。

↓ガーナ産ヘアケア関連商品のブースから、
Trade Fair2.JPG


↓建築関連企業のブースまで


Trade Fair3.JPG


↓女性向けのサロン(ドレッド・ヘア用ウィッグ)商品
Trade Fair4.JPG


↓ハデ婚ブームのガーナを象徴するかのようなブース
Trade Fair4.5.JPG


↓黄金海岸という名を思い出させるようなアシャンテ族の伝統チェアは現在でもデマンドがあります。
Trade Fair5.JPG


↓地元のジンも大人気ですが、ナイジェリア産も頑張っています。
Trade Fair6.JPG


↓ガーナの財政を支えるカカオ(Cocobod)のブースも、もちろんあります。
Trade Fair7.JPG


↓カカオのジンや

Trade Fair8.JPG


↓ワインの商品化も近い将来にあるようです!!
Trade Fair9.JPG


↓ガーナ産品ブースから生活雑貨まで、幅広いブースが外会場にも並びます。
Trade Fair10.JPG


↓さすが!ガーナ!!全身プロモーションも(笑)。
Trade Fair11.JPG


 平日の昼間は中学生や高校生の修学旅行生も見られ、土日の昼間はファミリーで会場がにぎわいます。金曜・土曜の夜はガーナ国内の有名アーチストのライブパフォーマンスも開催され、イベント会場は熱気と興奮に包まれます。また、コメディ系のパフォーマンスや一般参加者によるダンスやラップコンテストも行われ、MCと会場は一体感で包まれ、大いに盛り上がります。この時期にガーナへお越しの際はぜひ週末のイベント開催時にお出かけください!




ガーナってどんなとこ? ガーナの魅力をご紹介!
現地よりガーナの新着情報
卸売の仕入・ご注文
コンサルタント事業(現地調査・翻訳業務)
DaSviA(ダスヴィア)のオンラインショップ
DaSViA.org
  • DaSViA facebook
  • DaSViA twitter
  • DaSViA Instagram