DaSviA(ダスヴィア)|西アフリカからの輸入雑貨(アフリカンビーズ・未精製シアバター・アフリカ布・ボルガバスケット)販売



ニュースブログ


ガーナ北部州でサステナプロジェクト(2)

電線は届いていなくても携帯電話の電波は地方の村落にも届いています。

家族や友達との連絡を取るため、また都市の農産物マーケット価格を調べるためなど、携帯電話は村の人々に欠かせません。

ガーナというかアフリカのほとんど国ではプリペイド式が当たり前の携帯電話。

ガーナでは、1ガーナ・セディ(約50円)から通話が可能であり、40ガーナ・セディ(約2000円)から端末は購入可能です。

現金収入が小さい、いわゆる貧困層の人でも、手に入れることができます。

R_サステナ.JPG

無電化村に暮らす人々は、電気の通っている近場の町へ行き、50ペソワ(約25円)を支払って携帯を充電します。

都会に出て暮らす家族や親せき、または友達とコミュニケーションを取るために、週1回~2回は携帯を充電しなければなりません。

その費用は彼らにとってバカにならないことは想像に難しくないはずです。

早朝に1時間かけて自転車で出かけ、夕方また1時間かけてその町まで充電が完了した携帯電話を取りに行く生活は当たり前でした。

そこで、『無電化村に独立した発電所を!』と始まったオフグリッド電化プロジェクト!

彼らは往復2時間かけて隣町へ行く必要もなければ、携帯充電への支払い料金も格安。

自然エネルギーを利用したサステナブル開発の最前線です。

R_CIMG5590.JPG

難しいシステム技術ですが、興味のある人には喜んで説明し、私たちの目的を理解してもらうよう努めています!

R_CIMG5839.JPG

多くのダゴンバ人は農業に従事し、ヤギやヒツジなどの家畜は大事なタンパク源でもあり現金収入源でもあります。

その小さな発電所の周りにもたくさんのヤギやヒツジが現れます。

R_CIMG5626.JPG

珍しいバックをかじるヤギもいれば、ソーラーパネルの上は気持ちいいのか、寝転がって遊んでいく子ヤギもいます。

R_CIMG111.JPG

その発電所で充電できるのは携帯電話だけではありません。再充電可能なラジオや懐中電灯もOK!

さらに、彼らは秘密兵器(?!)も開発しています。

村に暮らす彼らのように安い携帯電話端末を購入し、定額プリペイドで料金を支払い続ける層の人口はアフリカでは10億を超え、大きなマーケットとなってります。

携帯電話端末はもちろんのこと、それらを充電する需要も年々大きくなっているのです。

この日系企業のプロジェクトは、単にモノを売って利益を求めるだけの事業を目指していません。

ダスヴィア理念と同じ『村の人々の生活の改善とサステナブルなシステムを開発する』という使命を持っています。

このプロジェクトが成功し、村の人たちの生活がより良くなるよう精いっぱい現場サポートしています!!




ガーナってどんなとこ? ガーナの魅力をご紹介!
現地よりガーナの新着情報
卸売の仕入・ご注文
コンサルタント事業(現地調査・翻訳業務)
DaSviA(ダスヴィア)のオンラインショップ
DaSViA.org
  • DaSViA facebook
  • DaSViA twitter
  • DaSViA Instagram