DaSviA(ダスヴィア)|西アフリカからの輸入雑貨(アフリカンビーズ・未精製シアバター・アフリカ布・ボルガバスケット)販売



ニュースブログ

Music Videoから見るガーナ(1)

野党がちょっとした悪あがきをしたり、現与党の元大統領がイザコザを起こしたりしていますが、ガーナは平和です。


election2012.jpg

候補者たちは各自でポスターや看板をつくりアピールします。

Tシャツやキャップ、政党の旗を身に着けて、音楽をガンガン鳴らすのがガーナの選挙活動。

今ではそんな騒音(?!)もなくなり、世間はクリスマス音楽が流れ始めています。


BBCやCNNでは、物騒なニュースだけが報道されており、ガーナの平和を愛する国民性がフォーカスされず、非常に残念です。


今回は、そんな物騒なイメージを一掃してくれるガーナ音楽を紹介します。



ガーナ音楽はHilife, Hiplife, Azonto, Gospelに分けることができます。


特にAzonto音楽に合わせた独特なダンスは、若年層を中心に大きなブームを起こしており、各地で大きな大会が開催されるほどです。


今回紹介する男性3人組ユニット"4x4(フォーバイフォー)"による『Moko Ni』もAzontoミュージックに分類されます。


『Moko Ni』とは人権。


【誰にでも人権がある。どんな職業の人にも人権がある。漁師にも、娼婦にも・・・】


彼らのミュージック・ビデオをからは、日頃写真撮影しずらいアクラ市内のローカルマーケットや、漁師の現場風景も垣間見ることができます。


男性、女性、幅広い年齢層に愛されている『Moko Ni』、お楽しみ下さい!








ガーナってどんなとこ? ガーナの魅力をご紹介!
現地よりガーナの新着情報
卸売の仕入・ご注文
コンサルタント事業(現地調査・翻訳業務)
DaSviA(ダスヴィア)のオンラインショップ
DaSViA.org
  • DaSViA facebook
  • DaSViA twitter
  • DaSViA Instagram